倶多楽

【火山名】 倶多楽

北緯:
42度30分10秒
東経:
141度08分54秒
標高:
377m
英名:
Kuttara

 倶多楽は8~4万年前に火砕流を伴う大規模な軽石噴火を繰り返し、山頂部に倶多楽カルデラを生じた。1万年前以降、西麓で再び火山活動が始まり、大湯沼と地獄谷の大爆裂火口が開き、日和山溶岩ドームを生じた。この付近では、現在活発な噴気・熱水活動が行われている。  最近の研究により、最新の江戸時代の噴火(約200年前)では日和山周辺などで複数の火口が活動したことがわかってきた。

Photo:Yoshio Katsui 1986.7.21
Photo:Yoshio Katsui 1986.7.21

学習